純国産フレッシュキャビア「椎葉平家キャビア」

日本三大秘境のひとつ、椎葉村の美しい大自然が育んだ純国産フレッシュキャビアです

純国産フレッシュキャビア「椎葉平家キャビア」メイン画像

自社一貫体制を活かし、養魚場から加工場まで時短化

養魚場から水揚げされて15分以内に加工場へ搬送されたチョウザメは、開腹~解卵を経て4時間以内に瓶詰めまで施されます。
短時間で加工することができるため、体内で生きたまま熟成させることができ、過熟になる寸前で製品にすることができます。

自社一貫体制を活かし、養魚場から加工場まで時短化

シェフ直々に調味されたキャビアは 料理にも適した一品に

シェフの厳しいチェックを通過したキャビアは、過熟を抑えるために氷水で器を冷やしながら丁寧に作業しています。
絶妙な塩加減でよりクリーミーさが際立つものに仕上げています。

 シェフ直々に調味されたキャビアは 料理にも適した一品に

清流の水質を保持するため IoTの先端テクノロジーを導入

チョウザメの品質を左右する水質管理にIoTを導入し、水位や溶存酸素量を24時間監視しています。
また、水質の悪化を招く給餌は手やりにこだわり、日々変わるチョウザメの食いつきを観察しながら細かく量を調整しています。
食べ残しで水質が濁ることなくクリーンに保たれ、良質なキャビアをもったチョウザメに育ちます。

 清流の水質を保持するため IoTの先端テクノロジーを導入