【みやざき地頭鶏】 無添加にとことんこだわりました

本物の安心と安全を宮崎県からお届けします

【みやざき地頭鶏】 無添加にとことんこだわりましたメイン画像

ここだけは負けない!

1. 抗生物質、抗菌剤不使用
生まれてから一切、抗生物質など薬剤を使用しない無投薬飼育を成功させ、安心、安全の道を切り開きました。

2. 合成食品添加物 無添加
石坂村牧場の商品はすべて、アミノ酸を始め、合成食品添加物は一切使用していません。

3. 肉本来の旨味に自信があります。
宮崎の自然たっぷりの広大な敷地でストレスなく育った地頭鶏は肉質がしなやかで柔らかく、旨味が凝縮されています。
肉本来の旨さを味わっていただく為に原材料は、みやざき地頭鶏と岩塩だけです。
手焼き製法にこだわり、手間と時間をかけた製造工程をすべて、ひとつひとつ丁寧に行っています。

ここだけは負けない!

地頭鶏(じとっこ)って?

地頭鶏とは、宮崎県および鹿児島県の霧島山麓において古くから飼育されていた在来種です。
名前の由来は、江戸時代にこの鶏を飼育していた農家の人達が極めて美味しい肉であることから藩城主の地頭職に献上している内、いつからともなく地頭鶏と呼ぶようになったと言われています。
生産羽数が非常に少ないため1943年(昭和18年)に文部省から天然記念物に指定されました。

宮崎県畜産試験場川南支場が、地頭鶏を配合したものをもとに改良し91年から新しい品種の鶏「みやざき地頭鶏」が誕生しました。
飼育期間は、約4~5ヶ月と通常のブロイラーに比べ3倍の期間をかけます。
大量の飼育ができないため、県内でもまだ限られたお店でしか味わうことができない貴重な食材です。
宮崎の大自然に恵まれ丹精こめて飼育した「みやざき地頭鶏」は宮崎を代表する地鶏です。

地頭鶏(じとっこ)って?

地頭鶏とブロイラーの違い

ブロイラーは成長速度が速く、飼料効率にも優れたブロイラーは50日~56日で出荷されます。
また、飼養密度が高いため、ワクチン接種などを受けなければなりません。

一方、地頭鶏は適度な歯ごたえとうまみを重視して、110~150日で出荷されています。
飼育方法も違い、病気やストレスを地頭鶏に与えないようにするために鶏舎の脇に放牧地を設け日中屋外で放し飼いにしたり、飼養密度を1㎡あたり2羽以下と低くしています。
また、消費者様の安心安全のためブロイラーが受ける抗生物質やワクチン接種を受けません。

安心と安全を追求したら極上の旨さに辿り着いた

家畜の病気を防ぐ目的で、抗生物質を含んだ資料を与えることが一般的であるのに対し、石坂村牧場の地頭鶏は、ヒナのうちから一切の薬剤を使用しない無投薬で健康な地頭鶏を飼育することに成功しました。
本当に、安全なものを、安心して食べていただきたい、みやざき地頭鶏の本当の旨味を知ってほしい、そんな思いで日々愛情を込めて地頭鶏の飼育、加工をしております。

安心と安全を追求したら極上の旨さに辿り着いた

ささみこっちゃん

ヘルシーなササミ部位はカロリーを気にする女性にも最適です。
みやざきブランド地鶏「みやざき地頭鶏」のササミ部位を「石坂村伝統のタレ」漬け込み、熟成させて加工した調理品です。
ヘルシーなササミ部分はカロリーを気にする女性にも最適です。
通常の鶏とは肉の旨みと食感(弾力)が違います。

ささみこっちゃん

じどっこちゃん

みやざきブランド地鶏、みやざき地頭鶏のハツ、モツ類を秘伝のタレで漬け込み熟成させて加工した調理品です。 

じどっこちゃん

みやざき地頭鶏炭火焼

みやざきブランド地鶏を無添加岩塩のみで加工した肉本来の旨みを活かした調理品です。
みやざきブランド地鶏「みやざき地頭鶏」を使用しています。
化学調味料を一切使用せず、無添加岩塩のみを使用して熟年職人の技で炭火で焼き上げました。「みやざき地頭鶏」ならではの肉の旨みとはじける食感をお楽しみいただけます。

みやざき地頭鶏炭火焼

秀ちゃんのみそだれ

お客様からじどっこちゃんで使われている「タレだけを販売してほしい」との要望があり、今回そのご要望にお応えする形で製品化になりました。
赤ワイン、白味噌、赤味噌、ハバネロソースなどを秘伝の配合で仕上げ、焼き肉だけでなく何にでも合う万能タレに仕上げました。
深みのある味と香りで、お子様からご年配の方まで幅広くお楽しみいただけます。

秀ちゃんのみそだれ